健康管理

無添加のドッグフードでお勧めとされる物

愛犬に元気に長生きしてほしいと思うのは、飼い主ならば当たり前のことです。
最近は、ペットブームで犬に対してペットというより家族の一員という考えが浸透しています。
昔よりも犬の食事にこだわる家庭も増えました。
そのため、人間同様にドッグフードについても食の安全を考える機会が増えています。
販売されるドッグフードの種類も増えましたし、その価格も幅広くあります。
価格の差は品質の差でもあります。
国産原料を使っていたり、添加物を使用していなかったりすると自ずと価格は高くなります。

最近では、人間の食事でも添加物を極力使わないものが注目されています。
添加物全てが体に有害なわけではありません。
しかし、まだまだ安全性が完全に立証されていないものもあるため、避ける傾向にあるのです。
そして、この流れはドッグフードにもあてはまります。
日本では、ドッグフードへの使用が認められている添加物の中には人間への使用が認められていないものもあります。
また、まだまだ法規制が緩いため、加工の際に違法な添加物使用の抜け道がいくらでもあるのです。

こういった状況なため、できるだけ安全性の高いドッグフードとして無添加のものを選ぶ人が増えています
私たちは国産が全て安心と思いがちです。
しかし、ドッグフードは外国の方が日本よりも歴史が長いです。
ですから、無添加のドッグフードを選ぶ際には国産にこだわらず外国のメーカーも検討しましょう。
海外製の商品の魅力についてhttp://pedi.jp/kaigai.htmlで詳しく解説されていますので、是非ご覧ください。

無添加フードは添加物不使用の点では安全性が高いですが、防腐剤が含まれていません。
そのため、賞味期限が添加物使用のものよりかなり短かったり、腐らないよう配慮が必要だったりします。
賞味期限切れのものや腐ったものを与えれば、添加物使用のものを与えているよりも健康被害が起こることも考えられます。
添加物使用のものの中には、天然成分のみを使用しているものもあります。
無添加フードを購入しても管理が徹底できなかったり、価格の面で続けられないと思う場合には、天然成分を使用したドッグフードを利用することもおすすめです。

市販の商品では心配な方の中には、自分でドッグフードを作り与えている方もいます。
自分で食品を選びあげることができるので、愛犬のためには良いことですが、毎食手作りするのは大変なことですよね。
そんな方たちにおすすめなのが通販で手作りドッグフードを購入する方法です。
市販の商品に比べるとコストはかかりますが、愛犬の健康を考えて購入する方が増えているようです。