健康管理

歯の健康を保つドッグフードの詳細

犬は食後の歯磨きを自分ですることはありません。
そのため、飼い主が歯磨きをしてあげたり、歯磨きガムを与える必要があります。
歯磨きガムは、犬の好む味付けがされているため、嫌がらず、遊びながら食べてくれる場合が多いです。
しかし、ガムだけでは完全に歯の清潔を保つのは難しく、やはり歯磨きの必要があります。
小さいころから習慣づけておけば無理なく歯磨きができるのですが、歯磨き嫌いの犬も多くいます。
犬も歯に食べかすが溜まると虫歯になったり、歯石がついてしまったりします。
歯石は口臭の原因になりますし、虫歯は治療の必要があります。
どちらも病院での治療をしなければなりませんが、多くの場合、麻酔をかけての大がかりな処置が必要です。
犬には健康保険がないため、処置代は人間とは比べ物にならないくらい高額なものになります。
そして、放置するともちろん命の危険があります。
ですから、歯の健康を守ることは犬が元気で長生きするためにも大切なのです。

大人になってから歯磨きの習慣をつけることはなかなか大変です。
そこで、日々の心がけで少しでも歯の清潔を守ることが必要です。
簡単にできることとして、極力ドライフードを与えることがあります。
缶詰のようなウェットフードのドッグフードはドライフードのドッグフードに比べ歯に残りやすいです。
人間と同じように犬も、歯に食べかすが残ると口臭や虫歯の原因になります。
ですから、歯に残りやすいウェットフードよりもドライフードのドッグフードのほうが歯の健康は保ちやすいのです。
また、最近では歯に詰まりにくかったり、歯磨き効果のあるドライフードも販売されています。
毎日の食事の中で歯のケアができるのはとても便利なものです。
しかし、栄養面や食いつき、ダイエットなど体の問題でこういった歯磨きフードへ完全に切り替えが出来ない場合もあります。
そのような時には完全にフードを変えるのではなく、混ぜて与えると言う方法もあります。
歯磨きフードを全く与えないよりは、少しでも混ぜて与えることで、少しは歯みがき効果が得られます。
もちろん、ガムを併用することもおすすめです。
しかし、その時にはガムの与えすぎやカロリー過多に注意し、食事との調整をしましょう。