流行のドッグフードはどんなもの?
健康管理

流行のドッグフードはどんなもの?

日本では、昔から番犬として犬が飼われていました。
その頃はドッグフードはなく、人間の残飯を食べさせるのが当たり前でした。
それが、時代の流れと共に犬はペットから家族の一員へと変わっていきました。
愛犬の健康のために、ドッグフードにもこだわるようになりました。
そのため、最近ではたくさんのメーカーから様々な種類のフードが販売されるようになりました。

ドッグフードを選ぶ基準はその家庭によって様々です。
たとえば、価格が安いもの、手に入れやすいもの、品質が高いもの、小分けになっているもの、などがあります。
しかし、ドッグフードの食の安全への関心から、価格よりも品質を重視する傾向にあります。
日本のドッグフードに関する法律は、外国のものより緩く安全性が高いとは言えません。
そのため、外国のドッグフードが注目されています。
外国のものでもオーガニックのものや無添加のものが人気です。
ただし、外国産は輸入方法を確認する必要があります。

輸入の方法には正規輸入と並行輸入の二つがあります。
正規輸入はメーカーが直接契約して輸入するので安全性が高く、問題ありません。
気を付けるべきは並行輸入品です。
並行輸入品は、正規輸入品より価格が安いものが多いです。
これは、様々な荷物と一緒に輸入されるためです。
荷物の中には、温度管理が必要ないものと一緒に輸入される場合もあります。
そうすると品質が劣化している可能性があるのです。
ですから、外国産のフードを購入する際には、価格が少し高くなっても正規輸入品を選ぶ方が安全と言えます。

最近では、国産のドッグフードでもプレミアムフードと言われるものが販売され注目を集めています。
愛犬の体に良くないドッグフードは添加物がたくさん含まれていたり、原料になっている肉が4Dミートを使用しているものです。
そのため、添加物不使用や無農薬、原料にこだわっていたりといったものが注目されています。
選ぶ際に大切なことは、流行のものであること以上に、価格・品質ともに納得のできるドッグフードであることです。
その家庭によって、フードにかけられる金額は異なります。
高ければ良い、人気のものであれば良いのではなく、愛犬にとって家庭にとってベストなものを選ぶことが最も重要なのです。